スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
不思議な昔話
サイクリング中に出会った不思議な昔話。
福津の悲劇の姫が、古賀では蛇にされている。

--------------------
まずは事前情報として、有名な古賀市の昔話。

【古賀市の千鳥ヶ池の伝説】

千鳥ヶ池の場所

『昔この池の畔に仲睦まじく暮らす若夫婦が住んでいた。
その妻は、(今の福間)から嫁いで来た者で、名を千鳥という。
妻は、よく働いて、透き通るような白い肌、きちんとした身だしで、何一つ非の打ちどころがなかった。
しかし、この嫁に一つ不思議なことがあった。
それは、夫が外から帰って来た時には、必ず咳払いをして家に入ってくれと熱心に願うことだった。
ある日、夫は、なぜだろうと 我慢しきれずに、ソ-ッと覗いてみると、最愛の妻は蛇身となって焔のような赤い舌でペロペロなめて、髪を整えていた。
夫が覗いたことを知った妻は、側の池に投身し池の主になった。
それからこの池を「千鳥ケ池」という。』
(情報源:http://www.koga.org/history/h17chido.htm )

--------------------
上記の昔話は知っていた。
そしてサイクリング中に、福津市で下記の看板と墓に出会った。

s-P5060025.jpg s-2009_05050082.jpg

看板の場所

【「千鳥様」由来】
『天正の頃、冠山・熊野神社の神職・中村兵部千鳥という才色兼備の姫がいた。姫には婚約者もあったが彼は修行のため諸国霊場の巡礼中であった。

その頃、近郷の富豪が姫のうわさ話を知り息子の嫁にと所望し、権力にまかせて強引に略奪し嫁とした。帰郷してこのことを知った婚約者は失意のまま再び諸国行脚に旅立った。

村人よりこの話を聞いた姫は大いに嘆き悲しみ自責の念から傍の大池(現在の古賀市千鳥ヶ池に身を投じ命をたった。村人は姫の心情をふびんに思い亡骸を持ち帰り古里の山頂に懇ろに葬り、その命日八月七日を縁日として今日まで祭り続けて来た。
昭和三十六年の東福間団地造成に際し現在地に移転されたが、老朽甚だしく此の度千鳥姫の供養のため改築されたものである。

昭和六十三年八月吉日
福津市教育委員会』

--------------------
この看板を見つけた時は単純に、「福津側と古賀側で言い分が異なる。仲が悪かったのかな?」と思ったが、よく読んでみると中村兵部の娘とされていて妙に具体的。

--------------------
【中村兵部】
冠山・熊野神社の神職で、豊後の兵(大友軍?)が攻めてきた時に、神職を辞めて戦い、戦功があったらしい。宗像氏貞の時代の話。

【筑前國續風土記拾遺】「熊野三所社 冠谷に在。伊弉諾尊、事解男命、速玉男命也。鎮座の年代詳ならず。本村冠谷ともに産神とひとしく祭る。九月十九日定祭也。里老のいへらく、昔此社の神主に中村兵部といひしもの有。大宮司氏貞の時、豊後の兵しばしば犯せし時、兵部社職を其族伊豆と云者に譲り、其身は軍役に走り、しばしば戦功あり。其後彼伊豆が子孫に至りて、神に仕ふる事あたはずして、側なる禅寺に社職を譲り輿へり。是より地蔵院、當社の祭に預るといふ。」
(情報源:津屋崎郷土史会http://tyzkarajin.hp.infoseek.co.jp/jinja_db_fukuma/503_kumano/index.html)

--------------------
冠山城跡に登ると、立花山が正面に見える。
立花山と言えば同時代の立花道雪(戸次鑑連 大友軍)が有名ですね。
睨み合ってたのだろうなと思う。千鳥ヶ池の周辺はちょうど真ん中あたりですねぇ。
どちらの勢力だったのでしょうか。

さて、中村兵部の娘さんの話は全くの創作か、それとも・・・
スポンサーサイト
2009/05/13(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

面白いですねえ。
共通するのは福間から嫁いできた千鳥という女性が池に身投げしたという部分。
福津では元神職の名前やお墓など具体的な材料が多いのに対し、古賀ではお伽噺の域を出ない感じ。
真実やいかに。子供にこういう話を聞かせると郷土の歴史に興味を持つかもしれませんね。

ついでに釣り師として言わせて頂くと、千鳥ケ池は大きな雷魚が釣れるということでマニアの間では有名です。雷魚という魚はその筋では「スネークヘッド」という別名が・・・。古賀の伝説と繋がる?
by: みやっち * 2009/05/14 23:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

なるほど、共通点をまとめると事実っぽいですね。

雷魚ですか、フロッグゲームですね。
そういえば初めて釣り上げた姿を見たのが千鳥ヶ池でした。
有名なんですね。

私はスカムフロッグを使っていました。いつ出るかどきどきしますね。
バスかナマズかウシガエルか・・・雷魚は見た目が怖いから触りたくないですね~。
by: ひだりの * 2009/05/16 10:18 * URL [ 編集] | page top↑
--遅いコメントですが--

こんばんは。

面白い民話ですね。
注意してみるといろいろなところに民話の看板が立っていますから気付いた時には内容を確認するようにしています。

で、いちばん驚いたのがひだりのさんの「雷魚は見た目が怖いから触りたくない」のコメントなんですが・・・。

大好きじゃなかったっけ?
by: A☆kira * 2009/05/27 00:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

大人になると怖くなりました~。
ウシガエルと雷魚はちょっと勘弁。
ナマズは全く平気。
by: ひだりの * 2009/05/27 23:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://araji.blog56.fc2.com/tb.php/237-e428eafa
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。